心理学を勉強すれば困った時の助けにもなります

困る事は多いです。
この世の中で困らない事の方が少ないです。
お金の事で困る人はたくさんいます。
人間関係で困る人も多いです。
人間関係は何も学校や会社だけではありません。
近所付き合いも人間関係です。

人間には心の中に闇があります。
その闇は普段、外に出る事はありません。
普段は隠れている闇ですが、ふとしたことで外に出る場合があります。
普段、普通に生活している人でもちょっとしたはずみで悩む場合はあります。
暴力的になる場合もあります。
暴力的になると自分だけではなく周りも困ります。
困るだけなら良いですが、大変な問題になる場合もあります。
心理学を勉強してカウンセラーになる人はいます。
カウンセラーにならなくて普通の仕事をする人も多いです。

スクールカウンセラーなどは決して給料が良いわけではありません。
給料はあまり高くないでしょうね。
収入の事を考えて心理学を勉強して資格を取ってもカウンセラーにならないという人は多いです。
仕事をしていると困る事はあります。
他人がどういう考えを持っているのか分からない場合は多々ありますが、心理学を勉強しておけば相手の考えを理解する事はできます。
心理学は相手の考えを理解するためにも重要です。
そして、自分の考えを理解するのにも役立ちます。